【支援のお願い】ウクライナ避難民の方々に寄付食品を送付するクラウドファンディングプロジェクト

ロシアのウクライナ侵攻から半年が経ちました。その間、ウクライナ国内の状況は良くならず、多くの避難民が国外へ逃げています。日本でも行政や学校が受け入れ表明し、メディアでも話題になりました。このように、官民学が連携して受け入れることは非常に重要です。

しかし、受け入れたあと、彼らがどういう生活をしているか、みなさんご存知でしょうか。

もちろん、各自治体や財団などからの資金援助はありますが、おおむね最低限の生活費が支給されるのみで、余裕はありません。

(参考 日本財団:https://www.nippon-foundation.or.jp/who/news/information/2022/20220415-69433.html

私たち国際交流支援B.P. Solutionsは、ウクライナ避難民の生活・就労・語学学習などを支援している一般社団法人です。

今回のプロジェクトでは、彼らが生きていく上で最も欠かせない”食料”を支援するため、フードバンクかながわ様に寄付食品を提供いただき、それを避難民に配送するためのお金を募ります。

すでに多くのご要望をいただいており(現在70世帯以上)、発送件数を増やしておりますが、 配送費は実費で賄っており、需要量に対して発送件数が追いついておりません。

ご要望にはできる限り応えたい強い思いから、寄付食料の配送費用を クラウドファンディングで募ることといたしました。


ぜひ、我々の挑戦にご支援をいただけないでしょうか。受け入れのその先で彼らの生活が安定するよう、継続的な支援が必要です。


また、このプロジェクトを通して避難民の方々の生活がどのようなものか、ぜひご覧いただければと思います。そこには、彼らのたくましさや支援してくださる日本のみなさまの優しさが垣間見えます。彼らの生活を通して見る日本の風景は、私たちが普段見ている景色と、少し違って映るかもしれません。

みなさまのあたたかいご支援を、どうぞよろしくお願いいたします!


Readyforクラウドファンディングページ:https://readyfor.jp/projects/bpsolutions2022


※下記内容のポスターの掲示、チラシの配架にご協力いただけるパートナーの方がおられましたら、ご連絡いただけると幸いです。


担当:平岡

連絡先:bpsolutions.info@gmail.com